Adobe アプリケーションで21以上の「」のような丸数字・丸付き数字を入力したい

Illustrator、Photoshop、InDesign で「」のような丸付きの数字を入力するには2種類の方法がございます。
下記の方法で「」以上の丸数字が見つからない場合は、ご利用のフォントでは用意されていない可能性が高いです。


 

<アプリケーションの「字形」パネルを使用する>

1.上部のメニューバーから「書式」→「字形」を選択します。
※Photoshop では Photoshop CC 2015 以降で「字形」パネルを使用できます。
「書式」→「パネル」→「字形パネル」、もしくは「ウィンドウ」→「字形」を選択します。

【Mac】
16515-1.png

 

【Windows】
Illustrator_Glyph_2_win.png


2.「字形」パネル内で使用したいフォントを選択し検索します。
この時に「表示:」を「数字」や「すべての異体字」にすると検索しやすいです。

【Mac】

16515-2.png

 

【Windows】

Illustrator_Glyph_3_Win.png


<文字ビューアを使用する【Mac】>

メニューバーの入力ソース(「あ」や「A」等)から「文字ビューアを表示」を選択します。
関連「文字ビューア」「キーボードビューア」を表示させるには
 

16515-3.png
サイドパネルから「数字」を選択すると下記の画像のように丸数字が表示されます。
こちらも使用するフォントによって用意されている丸数字の数が違いますのでご注意ください。

16515-4.png


<IMEパッドを使用する【Windows】>

タスクバーにある「IME言語バー」を右クリックします。
表示されたメニューから「IMEパッド」を選択して、「IMEパッド」を開きます。

IMEpad_1.png
「文字カテゴリ」から「JIS X 0213 (1面)」を選択し、目的の丸数字を探して入力します。
こちらも使用するフォントによって用意されている丸数字の数が違いますのでご注意ください。

IMEpad_2.png

 



弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top