Creative Cloud の更新時に契約するライセンス数を減らしました。どうすればいいですか?

Creative Cloud の更新時に契約するライセンス数を減らした場合、いずれの使用者様のライセンスを契約更新するか、選択する作業を更新期間(契約応当日の前後30日)内に行う必要があります。
更新を注文後、アドミンコンソールに表示される「ライセンスを更新」ボタンをクリックして表示される画面で選択します。

 

もし Creative Cloud の管理者様が、更新期間内に契約更新するライセンスを選択しなかったときは、契約応当日後31日目に以下の優先順位でライセンスを減らした分自動削除されます。

    1. 使用者が割り当てられていないライセンス
    2. 管理者が招待を行ったが、使用者が招待に応じていないライセンス
    3. 追加日がより新しいライセンス

※つまり契約更新しない予定のライセンスから、使用者様の割当解除を事前に行っておけば、結果的に契約更新するライセンスを選択したことになります。

 

なお契約を更新しなかったライセンスも更新期間内なら、改めて更新することは可能です。

 

 

 



参考「アドビVIPプログラムガイド 企業および官公庁

 

 



弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top