「リッチブラック」とは

通常「ブラック」はK100%のみで指定されたカラーです。「スミ」や「黒ベタ」とも呼ばれています。

これに対し「リッチブラック」はCMYK各版のインキの混色で指定したブラックです。

混色とすることでK100%のみでは表現できない、濃い黒を表現できます。

印刷会社によって推奨値が異なりますが、多くの会社でCMYが40~60%、K100%とされています。

ただしインキの合計値が高くなりすぎないこと、また掛け合わせですから見当ズレに注意が必要です。


IllustratorとInDesignでPostScriptプリンタに対して出力した場合、「ブラック」と「リッチブラック」の違いはプリンタの性能に応じて再現できます。

しかしディスプレイでの表示や非PostScriptプリンタに対する出力、RGBモードの書き出しでは、カラーの違いは再現されずにK100%の「ブラック」も「リッチブラック」のように再現されます。

 

この挙動はアプリケーションの設定で変更できます。Illustratorを例に手順を説明いたしますが、InDesignでも同じ考え方で設定します。

 

1.Illustratorでは、【Mac「Illustrator」メニュー > 「環境設定」>「ブラックのアピアランス...」/Windows】「編集」メニュー > 「環境設定」>「ブラックのアピアランス...」を実行します。

【Macrichblack1.pngWindows】

Illustrator_preferences_Black_appearance_win.png

 


2.「RGBおよびグレースケールデバイス上のブラックの表示オプション」は以下の2つに設定が分かれています。

  • 「スクリーン:」ではディスプレイ表示の際のオプションを指定します。
  • 「プリント / 書き出し:」では出力と書き出しの際のオプションを設定します。

 

それぞれのオプションの設定の意味合いは次の通りです。

  • 「すべてのブラックを正確に表示(出力)」では「ブラック」と「リッチブラック」の違いがディスプレイ表示(出力)において再現されます。

richblack3.png

  • 「すべてのブラックをリッチブラックとして表示(出力)」ではK100%の「ブラック」も「リッチブラック」のようにディスプレイ表示(出力)において再現されます。

richblack2.png

 



参考「Creative Suite / 一貫した色の保持(Adobeサポート)」


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top