Acrobat でPDFに余白を足したい | Too クリエイターズFAQ | 株式会社Too
Acrobat でPDFに余白を足したい

Acrobat では PDF を任意のサイズに切りとる「トリミング」の機能は存在しこちらの記事でも紹介しておりますが、既存の PDF に任意のサイズの余白を足すには少し工夫が必要です。

その方法をご紹介します。


 

今回は足された余白部分が可視化しやすいように黒色の PDF ファイルを使用します。


1.ウインドウ左上にあります「ツール」タブを選択します。

【Mac】
16558-1.png

 

【Windows】

16558_1_win.png

2.「ツール」タブ内の「印刷工程」をクリックします。

【Mac】

16558-2.png

【Windows】

16558_2_win.png

3.「印刷工程」ツールパネルにあります「ページボックスを設定」をクリックします。

【Mac】

16558-3.png

【Windows】

16558_3_win.png

4.表示された「ページボックスを設定」ダイアログで、ページのサイズを大きくすることによって擬似的に余白を付与します。

緑枠内の「トリミング後のページサイズ」は現在のPDFのサイズ(A4)になっています。

【Mac】

16558_7.png

【Windows】

16558_4_win.png

これを今回の例では足した余白を可視化しやすいように、上下左右に5mmずつ付与する、とします。

「ページサイズを変更」内で「カスタム」を選び、「トリミング後のページサイズ」に表記されている数値に10mm足した数値を入力します。

※「カスタム」の項では上下左右ではなく高さとしてしか入力ができません。
つまり 左右 +5mmずつ→幅 +10mm上下 +5mmずつ→高さ +10mm のように「幅:」と「高さ:」にそれぞれを足した数値を入力する必要があります。
 

【Mac】

16558_8.png

【Windows】

16558_5_win.png

5.画像のように上下左右に5mmずつの余白を足すことができました。

【Mac】

16558-4.png

 

【Windows】

16558_6_win.png


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top