外部で作成されたPhotoshop CCのファイルを開くとレイヤー情報に赤丸の?マークが付いていて編集できません。なぜですか?

 

ファイルが作成された環境でオブジェクトの埋め込みをするか、パッケージ化してデータのやり取りをする必要があります。または、赤丸の?マークがついているオブジェクトが登録されたライブラリを共同利用することによって赤丸の?マークは消え、オブジェクトの編集ができるようになります。

 

オブジェクトの埋め込み方法

file_image

 

 

パッケージ化の方法

ファイルメニューからパッケージ...を選択したら、保存場所を選択します。

ファイルで使用されている構成データが1つのフォルダにまとまります。

 

file_image

ライブラリを共同利用する

Adobe チュートリアル Creative Cloud ライブラリの共有方法 を参照してください。

 

 

上記の方法が利用できない場合には、赤丸の?マークがついたオブジェクトをレイヤー名のところで右クリックし、スマートオブジェクトに変換を選択することで編集可能なオブジェクトになります。

 

※元のオブジェクトがIllustrator CCで作成されたアウトラインデータだったり、ベジェ曲線のデータだった場合、スマートオブジェクトに変換すると画像データ化されますので注意してください。

 

スマートオブジェクトに変換する方法

file_image

 


「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top