InDesign で K 版のみで作成した書類に C、M、Y 版が使用されていないかを確認したい

プリフライト機能を使用して確認できます。

 

1.「ウィンドウ」メニューから「出力」>「プリフライト」を選択します。

https://www.too.com/support/faq/img/1240/435_1.png?t=raw

 

2.「プリフライト」パネルが表示されるので、オプションメニューから「プロファイルを定義」を選択します。

https://www.too.com/support/faq/img/1242/435_2.png?t=raw

 

3.「プリフライトプロファイル」ダイアログボックスが表示されるので、[基本]を選択の上、下部の「+」をクリックします。

https://www.too.com/support/faq/img/1244/435_3.png?t=raw

 

4.新規のプリフライトプロファイルが作成されるので、「プロファイル名」を任意の名称(ここでは「CMY 版チェック」)に変更します。

https://www.too.com/support/faq/img/1241/435_4.png?t=raw

 

5.「カラー」の中の「シアン、マゼンタまたはイエロープレートの使用を許可しない」にチェックし、「OK」をクリックします。

https://www.too.com/support/faq/img/1243/435_5.png?t=raw

 

6.左上の「オン」がチェックされていることを確認のうえ、「プロファイル」を先ほど作成した「CMY 版チェック」にします。

https://www.too.com/support/faq/img/1247/435_6.png?t=raw

 

7.書類上に C、M、Y 版が使用されていた場合は、「エラー」として表示されます。

https://www.too.com/support/faq/img/1245/435_7.png?t=raw

 

8.使用されている箇所を確認する場合は、右端の数字をクリックすると、該当のオブジェクトが選択された状態で表示されます。

https://www.too.com/support/faq/img/1246/435_8.png?t=raw


参考「InDesign 入稿前のプリフライトファイル( Adobe サポート )」


「サポートFAQ(よくある質問) 」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top