InDesign の「オーバーライド」とは何ですか?

InDesign でマスターページを基にドキュメントページを作成したとき、マスターページに作成したオブジェクト(マスターアイテム)はドキュメントページの上ではそのままでは選択・編集できない仕組みになっています。マスターページは「ひな形」の概念を持つためです。

https://www.too.com/support/faq/img/2133/1233_5_2.png?t=raw

 

「オーバーライド」とは、マスターアイテムをドキュメントページで上書きできる状態、もしくは上書きできる状態にする行為のことです。オーバーライドすることで、マスターページに作成したテキストフレームなどをドキュメントページで利用できるようになります。

オーバーライドするには、ドキュメントページにある当該マスターアイテムを選択ツールかダイレクト選択ツールで 【Mac】command + shift + クリック/【Windows】Ctrl + Shift + クリック し、個々のマスターアイテムごとにオーバーライドすることができます。

https://www.too.com/support/faq/img/2130/1233_6.png?t=raw

 

または「ページ」パネルで対象ページを選択して、ページパネル右上のパネルメニューアイコンをクリックし 「パネルオプション」内の「すべてのページアイテムをオーバーライド」を選択して、すべてのマスターアイテムをオーバーライドすることもできます。

https://www.too.com/support/faq/img/2090/1233_3_2.png?t=raw

https://www.too.com/support/faq/img/2134/1233_7_2.png?t=raw

 


参考「InDesign ヘルプ / マスターページ(Adobeサポート)」

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top