Photoshop で画像を拡大するのになるべく画質の劣化を抑えたい

Photoshop CC2018から追加された「ディテールを保持2.0」機能をお試しください。
こちらは Adobe の人工知能テクノロジー「Adobe Sensei」を利用しており、従来より画像の拡大の際の劣化を抑えることができます。

以下はこちらの画像を300%に拡大した場合の比較となります。

https://www.too.com/support/faq/img/2121/493_1.png?t=raw

 

「イメージ」メニューから「画像解像度」を開いてサイズを入力し、「再サンプル」のチェックが入った状態で、「自動」から設定を変更します。

https://www.too.com/support/faq/img/2125/493_2.png?t=raw

 

<再サンプル「ディテールを保持(拡大)」「ノイズを軽減」10%>

https://www.too.com/support/faq/img/2122/493_3.png?t=raw

 

<再サンプル「ディテールを保持2.0」「ノイズを軽減」10%>

https://www.too.com/support/faq/img/2123/493_4.png?t=raw

 

<再サンプル「バイキュービック法-滑らか(拡大)」>

https://www.too.com/support/faq/img/2124/493_5.png?t=raw

 

画像によって結果に違いがあるため、実際に設定をお試しの上、変化をご確認ください。


参考「画像のサイズ変更(Adobe サポート)」

参考「ディテールを保持2.0アップスケール(Adobe サポート)」
 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top