Photoshop で縦横比を変えずにドラッグで拡大縮小をしたい(CC 2019 新機能)

Photoshop CC 2018(Ver.19)までは、縦横比を変えずにドラッグで拡大縮小を行うには shift キーを押しながら操作する必要がありました。

https://www.too.com/support/faq/img/1367/453_1.png?t=raw

 

Photoshop CC 2019(Ver.20~20.0.4)では、shift キーを押さなくても縦横比はそのまま固定され拡大縮小が可能になりました。

https://www.too.com/support/faq/img/1366/453_2.png?t=raw

 

逆に縦横比を変えたい場合には、shift キーを押しながらドラッグします。

これまでと動作が逆になったのと、Illustrator などでは今まで通り shift キーで縦横比固定となるので注意が必要です。

 

(2018/11/22追記)

Photoshop CC 2019(Ver.20~20.0.4)における変形の動作を Photoshop CC 2018 以前の動作に戻されたい場合は、Adobe より手順が公表されています。下記のリンク先をご参照ください。

参考「Photoshop CC2019(20.0)の「変形」仕様変更について(Adobe サポート)」

 

2019/6/24追記

v20.0.5から、環境設定>「一般」に「従来方式の自由変形を使用」という項目が追加されました。こちらにチェックを入れると、従来通り shift キーを押しながら操作することで、縦横比固定にすることが可能になりました。

https://www.too.com/support/faq/img/2339/2457_1.png?t=raw

 

参考「Photoshop CC2019(20.0)の「変形」仕様変更について(Adobe サポート)」

参考「Photoshop CC の新機能( Adobe サポート )」

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top