InDesign で欧文スペルチェックを行いましたが、正常に検出されません。なぜですか?


InDesign には欧文スペルチェックの機能がありますが、この機能を使用するには文字パネルの「言語」(通常は「日本語」が設定されています)を適切に設定する必要があります。

20191119_11.png

<検出がうまくいかないケース>

1)意図的にスペルが誤った単語を含めたテキスト(赤の下線部分が誤り)を用意します。「言語」は「日本語」にします。

20191119_12.png

2)「編集」メニューから「欧文スペルチェック」内の「欧文スペルチェック…」を選択します。

20191119_14.png

3)「欧文スペルチェック」ダイアログが表示されます。本来なら「置換文字列」欄に誤ったスペルの単語が表示されるはずですが、何も表示されません。

20191119_15.png

<検出が可能なケース>

1)スペルチェックしたい文字ボックスを選択し、「言語」をスペルチェックしたい言語(ここでは「英語:米国」)に変更します(日本語など英語以外が含まれている場合は「英語:米国」に指定しても「言語」欄は空欄になります)。

20191119_15.png

2)その上で「欧文スペルチェック」ダイアログを表示すると、今度は「置換文字列」欄にスペルが誤った単語が表示されます。

20191119_16.png

3)「候補」から適切な単語を選択し、「置換」または「すべてを置換」をクリックします。後者はドキュメント内の同じ単語が全て修正されます。

20191119_17.png

4)スペルが誤った単語が修正されました。

20191119_18.png

参考「InDesign スペルチェックと言語の辞書(Adobe サポート)」

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top