Illustrator や Photoshop で使用されるフォント形式はどこで確認すればよいですか?


Adobe 製品では、フォントメニューの書体名の右側に次のマークが表示されます。

20200107-01.png

20200107-02.png

このマークの意味を知ることで、その書体がどのようなフォント形式か知ることができます。


20200107-03.png アルファベットの a で表示されているこのマークのフォント形式は、CID フォントやPostScript Type 1 フォントなどです。

・CID フォントは Adobe Systems が PostScript の技術をベースに開発した和文(2バイト)用のアウトラインフォントです。1993年頃にリリースが開始されたフォント形式で現在では、あまり使用されなくなっています。

参考「Creative 製品における CID フォントサポート終了のお知らせ(Adobe)」

・PostScript Type 1 はAdobe Systems が1980年代に開発した PostScript 言語用のフォント形式で欧文(1バイト)フォントで現在も採用されています。


20200107-04.png アルファベットの T の文字が重なっているこのマークのフォント形式は、TrueType フォントです。

・TrueType フォントは 1990年にアップルコンピュータが開発したスケーラブルフォントです。現在では、macOS、Windows、Linux で幅広く使用されています。拡張子として「.ttf」「.ttc」一部「.dfont」が使用されています。


20200107-05.png アルファベットの O で表示されているこのマークのフォント形式は、OpenType フォントです。

・OpenType フォントは Microsoft と Adobe Systems が共同開発したフォント形式で、1997年に発表されました。Unicode に完全に対応したことと、異字体を含む多数の文字数を収録できることなどが特徴として挙げられ、現在の主流となっているフォント形式です。


アルファベットの O の右側に VAR で表示されているこのマークのフォント形式は、OpenType Variable フォントです。

・OpenType Variable フォントは、Adobe Typekit の開発チームが 2016年9月に発表したフォント形式で、1つのフォントデータで文字の太さや幅を無限に変えることができます。

関連「【用語解説】バリアブルフォントとは


20200107-07.png アルファベットの O の右側に SVG で表示されているこのマークのフォント形式は、OpenType SVG フォントです。

・OpenType SVG フォントは、一つの文字に複数のカラーやグラデーションを表示できる特徴があるフォントです。カラーフォントとも呼ばれ、主に絵文字で使用されるフォント形式です。

20200107-08.png


20200107-09.png 雲のマークにがついているこのマークは、フォント形式を表すものではありません。Adobe Creative Cloud の機能の1つである Adobe Fonts (旧Typekit)で同期しているフォントを表します。このマークは、Adobe Creative Cloud 製品の 2019 版から採用されています。


20200107-10.png アルファベットの Tk の文字を四角く囲っているこのマークはフォント形式を表すものではありません。Adobe Creative Cloud の機能の1つである Typekit (現 Adobe Fonts)で同期しているフォントを表します。このマークは、Adobe Creative Cloud 製品の 2018 版まで採用されていました。


フォントメニューに表示されるマークの意味を知ることで、そのマークの左側に表示されている書体がどのようなものなのか分かります。

デザインワークにお役立てください。


「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Illustrator」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top