Illustrator で孤立点を削除したい


※この記事は Illustrator 2020を参照しています。

 

Illustrator には孤立点を自動選択する機能があります。

孤立点を含むレイヤーやオブジェクトに「ロック」「隠す」などが設定されていると選択がされないため、まずはそれらの解除を行います。

レイヤーパネルを表示していない場合には「ウィンドウ」から「レイヤー」パネルを表示します。

ロックがかかっている場合には鍵のマークをクリックしロックを解除します。

また、個別のオブジェクトのロックの解除も行います。

「オブジェクト」メニュー→「すべてをロック解除」

次に不可視のレイヤーを表示します。

レイヤーパネルの目のマークが消えている場合にはクリックして表示させます。

個別のオブジェクトの「隠す」の解除も行います。

「オブジェクト」メニュー→「すべてを表示」

これらが完了したら孤立点の選択を行います。

「選択」メニュー→「オブジェクト」→「孤立点」

 

孤立点が選択されました。

※孤立点が存在しない場合はなにも選択がされません。

全て不要なものであればそのままdeleteキーで削除して終了です。

 

 

関連「【用語解説】孤立点とは

関連「Illustrator でアートボードにテキストが見えないにも関わらず、「フォント検索」を行うとテキストが見つかります

 


「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Illustrator」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top