Illustrator でアンカーポイントの数の多い複雑なオブジェクトに対して、アンカーポイントの数を減らして簡単なパスにできますか?


Illustrator の「パスの単純化」は、不必要に多く作成されてしまったアンカーポイントを簡単に削除できる機能です。元の形に大きな変更を加えることなく、複雑なパスオブジェクトに対して最適化されたシンプルなパスを作成できます。

Illustrator CC 2019(23.1.1)で大きく機能が向上した「パスの単純化」機能ですが、Illustrator 2020 でさらに精度が向上しました。

例えば、画像をパスオブジェクトに変換する「画像トレース」で作成した後のオブジェクトは、アンカーポイントの数が多い、複雑なパスになっていることがあります。そこで「パスの単純化」機能を使用し、不要なアンカーポイントの数を簡単に減らすことができます。

【手順】

1. アンカーポイントの数の多いオブジェクトを選択します。

2.「オブジェクト」メニュー>「パス」>「単純化...」を選択します。表示されるボタンやスライダーで簡単な調整ができます。

3. さらに、単純化ダイアログで「詳細オプション」を開く場合は、その他のオプション( … )をクリックします。

ここではさらに細かな調整(曲線の単純化/コーナーポイント角度のしきい値)や、「変更前のパスを表示」にチェックを入れることで変更前(赤)と変更後(青)を同時に表示させ、比較することができます。

 

不要なパスを減らすことで、ファイルサイズの縮小、ファイルの表示と印刷の高速化などのメリットが得られます。

 

関連:「Illustrator で手書きのイラストやロゴ画像をパスのオブジェクトにしたいです。【画像トレース】
参考:「パスの単純化」(Adobe サポート)

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Illustrator」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top