InDesign で長方形や円などのオブジェクトを作成し、塗りを設定すると勝手にグラデーションがかかってしまう。

効果パネルで、効果の設定がされていないかを確認します。

InDesign のデータ上でオブジェクトやフレームが何も選択されていない状態にします。
InDesign のメニューバー「ウインドウ」から「効果」にチェックを入れて「効果」パネルを開きます。
スクリーンショットのように「オブジェクト」の右にマークがついている場合、オブジェクトを作成するとそのオブジェクトに自動的に効果の設定がかかります。



この効果のマークをダブルクリックすると、設定されている効果の内容が表示されます。
今回のようにオブジェクトを作成し塗りを設定するとグラデーションがかかる場合は「グラデーションぼかし」にチェックが入っていますので、このチェックをオフにして、右下の「OK」ボタンをクリックします。



すると、オブジェクトの右にあったマークが消えます。その後に作られるオブジェクトに塗りを設定してもグラデーションはかかりません。
 
すでにグラデーションのかかってしまったオブジェクトに関してはそのオブジェクトを選んで、同じように効果の設定をオフにする必要があります。
 
また効果の削除は、効果マークをダブルクリックしなくても、「効果」パネル右下のゴミ箱マークに効果マークをドラッグして設定を削除することができます。


効果がかかってしまったオブジェクトについては、個別に効果解除が必要なのは同じです。





【Windows】
オブジェクトを作成し塗りを設定すると、勝手にグラデーションがかかる場合、オブジェクトに効果の設定がされている可能性があります。オブジェクトやフレームを選択しない状態で、InDesign  のメニューバー「ウインドウ」から「効果」にチェックを入れて「効果」パネルを開きます。
スクリーンショットのように「効果」パネルの「オブジェクト」の右側に効果のマークがありますので、これを右下のゴミ箱にドラッグして削除するか、効果マークをダブルクリックして設定されている効果のチェックを外すかのどちらかを行います。


設定を解除した後から作成するオブジェクトは勝手にグラデーションになることはありません。またグラデーションが適用されてしまったオブジェクトに関しては、そのオブジェクトを選択し、効果パネルで効果を解除する必要があります。



弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

InDesign」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top