InDesignでデフォルトのフォントを好きな書体に変更したい

InDesignで新規書類作成時に良く使う書体が選ばれてくるように、デフォルトのフォントを任意の書体にする場合の手順をご紹介します。

スクリーンショットでは「小塚明朝 Pr6N R」が デフォルトフォントとして設定されています。

17032_1.jpg

任意の書体に変更するには、InDesignを起動し、書類を何も開いていない状態で変更したい書体を選択します。
デフォルトフォントを「游ゴシック体 ボールド」に変えてみます。
スクリーンショットのように何も書類を開いていない状態のまま「小塚明朝 Pr6N R」から「游ゴシック体 ボールド」に変更します。

17032_2.jpg

新規書類を作成すると「游ゴシック体 ボールド」がすでに選ばれています。
InDesignを再起動してもこの設定は維持されます。
再度変更する場合は、同様にInDesign を起動し何も書類を開いていない状態で書体を変更します。
17032_3.jpg

この設定はInDesignの環境設定に書き込まれています。InDesignのトラブルシューティングを行うと環境設定の再作成を行うことがありますが、そのような作業を行うとこの設定もクリアされます。InDesignの環境設定フォルダは以下の場所にあります。

Macintosh HD / ユーザ / <ユーザー名> / ライブラリ / Preferences / Adobe InDesign / Version <××>-J
※<××>には該当バージョンの数字が入ります。


この「Version <××>-Jの中にある「InDesign Defaults」という書類に設定が保存されていますので、この「InDesign Defaults」書類や「Version <××>-Jフォルダを削除することで任意で設定した書体は初期状態に戻ります。
※下のスクリーンショットは InDesign CC 2017 (Version 12.0-J)の内容です。

17032_4.jpg

【Windows】
Windows版も同様です。
任意の書体に変更するには、InDesignを起動し、書類を何も開いていない状態で変更したい書体を選択します。
17032_5.jpg

Windows版もInDesignの環境設定にこの変更内容が書き込まれています。
InDesignのトラブルシューティングなどの作業で環境設定をクリアすると、任意で設定した内容もクリアされます。

Windows版 InDesign環境設定は以下の場所にあります。

C:Users<ユーザー名>AppDataRoamingAdobeInDesignVersion <××>- Jja_JP
※<××>には該当バージョンの数字が入ります。


この「ja_JPの中にある「InDesign Defaults」に設定が保存されていますので、この「InDesign Defaults」書類や「Version <××>-Jフォルダを削除することで任意で設定した書体は初期状態に戻ります。



参考「InDesign Help / デフォルトフォントを設定する方法(InDesign CC)(Adobeサポート)」

参考「環境設定ファイルおよびその他のファイルの保存場所について(InDesign CS3/CS4/CS5.x/CS6/CC/CC 2014)(Adobeサポート)」

参考「Illustrator Help / デフォルトのフォントを変更する方法(Illustrator CS2/CS3/CS4/CS5.x)(Adobeサポート)」

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

InDesign」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top