Photoshop CC 2018 と他のバージョンの Photoshop を複数インストールしているが、既存の PSD 書類をダブルクリックしても最新バージョンの Photoshop CC 2018 で PSD 書類が開かない。【 Mac 】

Photoshop CC 2018 と他のバージョンの Photoshop を複数インストールしている環境下で、PSD 書類を開いても CC 2018 以外のバージョンの Photoshop が起動し書類が開かれてしまう場合は、以下のヒントをご参照いただき、対処を行うことで解決する可能性があります。
なお同様の障害は多くの場合 Photoshop CC 2018 がインストールされている環境下で発生しています。CC 2018 を除く他のバージョンで同様の症状が発生した場合は、以下のヒントの内、1. の対処を行うことで改善されることがほとんどです。

 

 

1. 以下のリンク先を参考にしていただき、PSD 書類とPhotoshop CC 2018 の関連付けを再度行うことで問題が解消する可能性があります。

 

 関連「PDFやJpeg等を特定のアプリケーションで開く

 

2. Photoshop CC 2018 が最新の Photoshop としてインストールされている場合、Photoshop CC 2018 以外のバージョンの Photoshop を全てアンインストールした状態で(つまりPhotoshop CC 2018 だけがインストールされた状態で)、再度、1. の手順で PSD 書類と Photoshop CC 2018 の関連付けをおこないます。その後、Photoshop CC 2018 しか入っていない状態のままで PSD 書類をダブルクリックして開きます。もし Photoshop CC 2018 では開けずに、書類自体が開かない、またはOS付属の「プレビュー」など他のアプリケーションで開いてしまう場合は、Photoshop CC 2018 自体もアンインストール後にインストールをし直して、その後に関連付けを行います。

 

 

これらをお試しになった後も、Photoshop CC 2018 以外のバージョンの Photoshop をインストールすると、症状が同様に発生し CC 2018 では PSD 書類が開かない場合は、システムやハードなどアプリケーション以外に問題がある可能性があります。

 

 

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Photoshop」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top