Premiere Pro の Lumetriカラーパネルについて教えてください。


Lumetriカラーパネルは、カラーコレクションやカラーグレーディングを行うためのさまざまな機能が備わっています。

1:基本補正 LUT(ルックアップテーブル)設定、ホワイトバランス、トーン(明るさ、コントラスト、彩度)など、基本的なカラーコレクションをおこなうことができる。
2:クリエイティブ 選択しているクリップに対して、全体のカラー調整(Look を適用して、ビデオをプロが撮影したフィルムのように見せたりできる)をおこない、好みのイメージに仕上げられるカラーグレーディング用の機能。
3:カーブ 色の三要素である「RGB」をR・G・Bの各カーブを利用してクリップ全体のルミナンスと階調範囲を調整。また、特定の色相、彩度および輝度カーブも備えている。
4:カラーホイールと
  カラーマッチ

カラーマッチングオプションを使用すると、シーケンス全体の中の 2 つの異なるショットの外観を比較し、単一のシーンまたは複数のシーンでカラーと光量のアピアランスを一致させることができる。また、シャドウ・ミッドトーン・ハイライトの3ウェイカラーホイールによって、カラー補正ができる。

5:HSL セカンダリ

通常、最初のカラー補正が完了した後に使用。フレーム全体ではなく、指定した特定の色だけをカラー補正するのが目的。

6:ビネット

フレーム周辺のサイズ・形・明るさなどを調整できる。

 

それぞれの項目名をクリックすると、詳細なパネルが表示されます。

1:基本補正

2:クリエイティブ

3:カーブ

4:カラーホイールとカラーマッチ

5:HSL セカンダリ

6:ビネット

 

各項目のさらに詳しい内容につきましては、以下の Adobe サポートページをご覧ください。

参考「カラーワークフロー(Adobe サポート)」
関連「【用語解説】カラーグレーディングとは
関連「【用語解説】カラーコレクションとは

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Premiere Pro」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top