Apple プレビュー で書類を開こうとすると、「表示するためのアクセス権がないため、開けませんでした。」とアラートが表示されて、書類を開けません

Apple プレビューで書類を開こうとすると、稀に「ファイル"(書類名)"を表示するためのアクセス権がないため、開けませんでした。」とアラートが表示されて、書類を開けないことがあります。

その際には、Time Machine などでバックアップを行なってから、以下の手順で試してください。


●最初に問題の書類が他のアプリケーションで開けるかを確認してください。

1.他のアプリケーションで開けるときには、問題の書類、および問題の書類が保存されているフォルダのアクセス権の問題ではないと判断されます。

Macを再起動して、改めて試します。

ヒント : 多数の書類を同時に Apple プレビュー で開かないようにしてください。


2.他のアプリケーションでも開けないときには、
・デスクトップに移動させてから、書類が開けるかを試してください。また書類名も記号類を含まない名称に変更してみてください。

・問題の書類と、問題の書類が保存されているフォルダに対してアクセス権があるかを確認します。

「ファイル」メニューから「情報を見る」を実行すると、Finder 情報ウインドウが表示されます。

「共有とアクセス権:」項目を確認し、「ユーザ名(自分)」に「読み/書き」が設定されていることを確認します。「ユーザ名(自分)」が追加されていなければ、ロックを解除してから「+」ボタンを押して追加することもできます。その後書類が開けるかを試してください。

60487-1.png

・OS X Yosemite v10.10.x 以下の Mac の不具合のときは、ディスクユーティリティ で「ディスクのアクセス権を修復」を行い、書類が開けるかを試してください。



参考「ディスクユーティリティでディスクのアクセス権を修復する(Appleサポート)」


弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

その他アプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top