Google Chrome で Box のサインイン画面に接続すると、『この接続ではプライバシーが保護されません』と表示が出て、接続できません。

Google Chrome で Box のサインイン画面に接続すると、『この接続ではプライバシーが保護されません』と表示が出る場合は、以下の方法で Box のサインイン画面に接続することができるようになる可能性があります。

 

Google Chrome のキャッシュをクリア

1.Google Chrome の画面右上のその他アイコン”・・・”をクリックし、”その他のツール”内の”閲覧履歴を消去”を選択。

2.期間を”全期間”に、3つの項目のチェックを入れて”データを消去”をクリック。

3.Google Chrome を再起動してください。

再度 Box へアクセスしても警告文が表示されてしまう場合、下記の方法もお試しください。

 

証明書を信頼する

1.『この接続ではプライバシーが保護されません』の警告画面で、アドレスバーの左側にある三角形の警告アイコン・または、南京錠のアイコンをクリックし、証明書を表示します。

2.表示された証明書をデスクトップへドラッグ&ドロップして移動させます。

3.デスクトップへ移動した証明書をダブルクリックして”キーチェーンアクセス”を起動します。

4.キーチェーンアクセスに表示された該当の証明書をダブルクリックします。展開された詳細画面で”信頼”の下向き三角アイコンをクリックし、”証明書を使用するとき”を”常に信頼”に変更します。

5.画面を閉じて変更を保存します。

 

以上が 対処方法となりますが、これらの方法でも改善しない場合は、社内のネットワーク管理者の方にご相談するか、Box Japanお問い合わせ先をご確認ください。

 

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Box」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top