Dropbox Paper とはどのような機能ですか?

Dropbox Paper は Dropbox が提供するドキュメントの作成ツールです。

 

ドキュメントを作成するだけでなく、そのドキュメントをリアルタイムで複数のメンバーと共同で変更できます。作成するドキュメントは文字だけではなく、画像をはじめとするメディアの埋め込みや表の挿入なども可能です。また作成したドキュメントはプレゼンテーションモードによりスライドのように操作できます。

 

 

ドキュメントを共同で変更するには、相手のユーザーを招待します。変更作業に参加するには相手のユーザーも有償、無償を問わず  Dropbox のアカウントが必要です。

なお、Dropbox Business をお使いの場合、管理者がこの機能を無効にすることができるため、使用できない場合があります。この場合は管理者の方にご相談ください。

2018年6月時点で Dropbox Paper で作成したドキュメントは Dropbox の容量を消費せず、作成数にも制限がありませんが、この条件は将来変更される可能性があります。

 

関連「Dropbox Paper のプレゼンテーションモードはどのような機能ですか?

参考「Dropbox Paper (Dropbox ヘルプセンター)」

参考「Dropbox Paper と Dropbox のインテグレーション(Dropbox ヘルプセンター)」

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Dropbox」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top