Dropbox のバッジはどのような機能ですか?

Dropbox のバッジは、 Dropbox にアップされている Microsoft Office のファイルに対し、共同作業をしやすくするために用意されたツールです。

Dropbox にアップされている Microsoft Word、Excel、PowerPoint のファイルが対象となり、バッジ機能を有効化することで、Dropbox の機能を簡単に利用できます。主な機能は以下のとおりです。

  • 同じファイルの閲覧者や編集者が表示されるので、別バージョンが作成されないように他のメンバーと調整できます。
  • 同じファイルを別の編集者が新しいバージョンで保存したとき、バッジからファイルを最新バージョンに更新できます。
  • 「リンクを共有」機能でファイルへのリンクがコピーできるので、それを貼り付けて相手に送信することで、共有を行えます。
  • 「コメント」機能を使って、ファイル上でフィードバックや共同作業をリクエストできます。
  • 「バージョン履歴」機能を使って、ファイルの変更内容を元に戻したり、前のバージョンを復元することもできます。
  • バッジはウインドウの端ならどこへでも移動できます。


2018年7月の時点でバッジを使用できるのは、以下の Microsoft Office のバージョンです。 docx、xlsx、pptx 形式のファイルがサポートされています。

  • Mac : 2011、2016 
  • Windows:2007、2010、2013、2016 

ヒント バッジが使用できる Microsoft Office のバージョンで使用していても、それ以外の形式(例: doc 、xls 、ppt )では、バッジの機能を使用できません。

 

参考「 Dropbox バッジについて ( Dropbox )」


「 サポートFAQ(よくある質問) 」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Dropbox」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top