Mac で Creative Cloud を使っています。
アプリケーションを起動して10秒くらいで「リファレンス コード 205」のエラーが表示されます。
エラーダイアログの 「無視」のボタンをクリックするとそのままアプリケーションが終了してしまいます。


証明書または資格情報に何らかの問題が生じると、特定の Adobe アプリケーションが正常動作できなくなることがあります。
エラーダイアログに「リファレンス コード 205」が表記されていた場合は、キーチェーンで関連する証明書を削除していただくことで、アプリケーションが正常に動作するようになります。

 

●作業前に以下の設定をご確認いただき、ご準備ください。

・起動中の Adobe アプリケーションは全て終了していただくことをお勧めします。
・対処後は Creative Cloud デスクトップアプリケーションからサインアウトされることがありますので、Adobe ID とパスワードをあらかじめご用意ください。
・サインインの後、アップデートが実行される場合がありますので、アプリケーションの自動更新の設定を解除しておいてください。

 

関連「【macOS v10.12以降】 新しい Adobe アプリケーションをインストールしたらインストール済みの同じアプリケーションがなくなってしまいました

 

詳しい手順をご紹介します。

1.Mac の Finder で、メニューバーの「移動」をクリックし、「ユーティリティ」フォルダから「キーチェーンアクセス」をダブルクリックして起動します。

2.ウインドウ左側上部「キーチェーン」の「ログイン」をクリックし、左側下部「分類」で「証明書」をクリックします。

3.項目が多い場合は、ウインドウ右上の検索ウインドウに「Adobe」と入力して検索します。検索結果で「Adobe Intermediate CA」と「Adobe Content」で始まる項目を確認します。

4.「Adobe Intermediate CA」と「Adobe Content」で始まる項目を選択し、削除します。(削除は、メニューバーの「編集」から「削除」で行うことができます。)

5.続いて、ウインドウ左側上部「キーチェーン」の「ログイン」をクリックし、左側下部「分類」で「秘密メモ」をクリックします。

6.項目が多い場合は、ウインドウ右上の検索ウインドウに「Adobe」と入力して検索します。検索結果で「Adobe App Info」と「Adobe User Info」で始まる項目を確認します。

7.「Adobe App Info」と「Adobe User Info」で始まる項目を選択し、削除します。(削除は、メニューバーの「編集」から「削除」で行うことができます。)

8.Mac を再起動します。

9.再起動完了後、Creative Cloud デスクトップアプリケーションがログアウトされていた場合はログインし、起動ができなかった Adobe アプリケーションが起動できるかどうかご確認ください。

対処を行なっても問題が改善できない場合は、該当の Adobe アプリケーションをアンインストールし、再インストールを行なってください。

 

参考「ユーザー情報とライセンス情報に関する問題 | CC 2019(Adobeサポート)」

関連「【Windows】Creative Cloud のアプリケーションが起動して10秒くらいで「リファレンス コード 205」のエラーが表示される。

 

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

予期せず終了する」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top