【上級者向け】『The macOS installation couldn’t be completed.』または『macOSのインストールを完了できませんでした。』 というメッセージが表示されて Mac が起動しません。【補足情報】

このメッセージはユーザが macOS のアップデートを適用して Mac が再起動した時に、正常に完了していないと表示されます。 

メッセージは最初のスクリーンショットのように、英語で表示される場合と日本語で表示される場合があります。

 

この症状は、OS のアップデートを完了させるために一時的にハードディスクの第一階層に生成されるフォルダ(macOS Install Data)があると発生します。アップデートが正常に完了するとこのフォルダ(macOS Install Data)は自動的に消去されます。しかし、アップデート中に Mac の電源を切ってしまったり、アップデートが正常に完了しないとこのフォルダ(macOS Install Data)がハードディスクの第一階層に残ってしまいます。

Mac を普段使用しているシステムから起動させる方法は、下記の記事ですでに案内させていただいていますが、根本的にトラブル症状を改善するには、ハードディスクの第一階層にあるフォルダ(macOS Install Data)を消さなければなりません。

 

関連リンク:『The macOS installation couldn’t be completed.』または『macOSのインストールを完了できませんでした。』 というメッセージが表示されて Mac が起動しません。

 

 

上記の記事の対処方法を実施し Mac が正常に起動した後で、ハードディスクの第一階層に『macOS Install Data』という名前のフォルダがある場合には、以下の対応をしてみてください。

 

対応方法1: アプリケーションフォルダにある App Store.app を起動し、アップデートの項目にセキュリティアップデートがないかどうかを確認してください。セキュリティアップデートがあれば、アップデートをかけることによってハードディスクの第一階層にあるフォルダ(macOS Install Data)は消えることがあります。

 

対応方法2:App Store.app のアップデートの項目にセキュリティアップデートがないのに、ハードディスクの第一階層に(macOS Install Data)というフォルダが残っていることがあります。

この場合、(macOS Install Data)というフォルダはシステム整合性保護(System Integrity Protection)の保護対象ディレクトリとなっているため、管理者権限のユーザや root 権限でも消去ができませんので、下記の記事:【上級者向け】System Integrity Protection (SIP) を無効にする方法 を参照して System Integrity Protection (SIP) を無効にしてから、ハードディスクの第一階層にあるフォルダ(macOS Install Data)を消してください。

 

関連リンク:【上級者向け】System Integrity Protection (SIP) を無効にする方法

 

System Integrity Protection (SIP) を無効にした後は、管理者ユーザアカウントでログインして、ハードディスクの第一階層にあるフォルダ(macOS Install Data)をゴミ箱にドラッグ・アンド・ドロップし、ゴミ箱を空にすることができます。

 

ハードディスクの第一階層にあるフォルダ(macOS Install Data)を完全に消去した後は、System Integrity Protection (SIP) を有効に戻してください。有効にする方法は、関連リンク:【上級者向け】System Integrity Protection (SIP) を無効にする方法の中で解説しています。


「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac が起動しない」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top