MORISAWA PASSPORTの更新までの流れ

MORISAWA PASSPORT及びMORISAWA PASSPORT ONEの使用期限の1ヶ月前から、Macを起動時に「あと?日で使用期間が終了します」というアラートが表示されます。

283_1.png使用期限までに販売店を通じてメーカーへ更新手続きを行います。

郵送で「ライセンス証明書」が送られてきますので、更新を行うためにMフォントスターターを起動します。

61963-1.png

「Mフォントスターター」ウインドウで登録している製品を選択して、「起動」ボタンをクリックします。

61963-2.png「はじめにお読みください」と「エンドユーザライセンス契約書」が表示されたら、内容をご確認いただき、それぞれ「次へ」ボタンをクリックします。

メニュー画面が表示されたら、「ライセンスキー登録」をクリックします。

283_2.png

「ライセンス更新の確認」ウインドウが表示されるので、「更新」ボタンをクリックします。

283_3.png「ライセンス証明書」に書かれた「ライセンスキー」を入力して「次へ」をクリックします。

283_5.png「ライセンス更新処理が終了しました」と表示されたら作業完了です。


もしもライセンス更新を行わないまま使用期限を過ぎた場合は、Mac起動時に「使用期間が終了しました」というアラートが出ます。「閉じる」ボタンが表示されていれば、クリックしてウインドウを閉じた上で、ライセンス更新を行います。

283_4.png使用期限を過ぎて1週間が経過すると、「閉じる」ボタンも表示されなくなるので、「アンインストール」ボタンでフォントのアンインストールを行う必要があります。


参考「契約更新の手順(MORISAWAサポート)」

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。



この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

フォント」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top