ディスクユーティリティ「アクセス権の修復」が廃止(10.11変更点)

OS 10.11からディスクユーティリティのインターフェイスが大きく変更されました。

124_1.pngそれに伴い「ディスクのアクセス権を修復」機能は廃止されました。

Appleのサイトには「OS X El Capitan からは、システムファイルのアクセス権は自動的に保護されるようになりました。ディスクユーティリティでアクセス権を検証したり修復したりする必要はなくなりました」とあります。


参考「ディスクユーティリティでディスクのアクセス権を修復する(Appleサイト)」

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top