テキストエディットで書類を自動保存させたくありません

OS X Lion v10.7 以降の macOS で「オートセーブ」機能に対応したアプリケーションでは、書類を開き編集すると、その変更は即座に自動保存されるようになりました。

この機能により誤って書類を閉じてしまっても、変更箇所は必ず保存されるようになりましたが、これは誤って変更してしまっても自動保存される、ということでもあります。

システム環境設定「一般」で「書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認」をオンにすると、書類を閉じるときに保存していない変更箇所があると、以前と同じように動作します。

system_preferences_general.png

つまり書類を保存するかどうか確認が求められ、「変更を元に戻す」をクリックすると、保存していない変更箇所は破棄されて書類が閉じられます。

textedit_save_dialog.png


システム環境設定「一般」で「書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうかを確認」をオフのままにしたいときは、「ファイル」メニューの「バージョンを戻す」から過去の保存状態に、Time Machine で書類を復元するように戻すことができます。



参考「OS X Lion:オートセーブとバージョンについて(Appleサポート)」


弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top