MacBook Pro(Late 2016)で Time Machine バックアップを行おうとすると、Macがフリーズします

MacBook Pro(Late 2016)を使用していて、書類のコピーを行なっているときや Time Machine バックアップを実行しているときに上記のような不具合が発生した際は、最初に macOS をアップデートしてください。


以降も解消しないときは、以下のヒントを参考に試してみてください。

  • Mac本体の両側に Thunderbolt 3(USB-C)ポートが備えられているモデルをご使用のときは、不具合が発生したときに使用していたポートとは反対側のポートで接続してみます。
     
  • 複数の外部ドライブを接続するは、ハブなどを介して、一つの Thunderbolt 3(USB-C)ポートに接続してみます。
    ヒント : ハブをご利用の際は、セルフパワー型のハブをご利用ください。
     
  • 可能であれば外部ドライブを USB 2.0 対応の USB ケーブルで接続します。
     
  • Time Machine バックアップは Wi-Fi を介してネットワークボリュームに行うように設定します。

 

 

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top