zipなどの圧縮ファイルを解凍後、自動的にゴミ箱に入れたい

zipなどの圧縮ファイルを解凍すると、解凍されたデータと別に圧縮ファイルは解凍後も下記の画像のようにその場に残ります。容量や整理整頓に気を使っている方は圧縮ファイルを手動でゴミ箱に入れていらっしゃると思いますが、今回は「アーカイブユーティリティ」の環境設定を変更し、解凍後のその工程を自動で行えるような設定方法をご紹介します。
 

16567-1.png

Spotlightで「アーカイブユーティリティ」と入力するのが一番の近道です。

階層が深いですが下記画像の方法でも「アーカイブユーティリティ」へ辿り着けます。
「Macintosh HD(OSの入ったハードディスク)」「システム」「ライブラリ」「CoreServices」「Applications」「アーカイブユーティリティ」

16567-2.png
アーカイブユーティリティをダブルクリックで開いた後は、「環境設定」「展開後」の設定を変更します。
 

16567-3.png

16567-4.png
ここでは「アーカイブをゴミ箱に入れる」赤枠で囲っていますが、「アーカイブを削除」したり、「アーカイブを移動」(解凍した圧縮ファイルを特定のフォルダにバックアップしておきたいという方にオススメです)も選択することができます。

 

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top