App StoreやiTunes Storeでサインイン時に「使用されたことがありません」アラート

既存のApple IDを使用し、App StoreやiTunes Storeにサインインを行う際に、「このApple IDは、App Storeで使用されたことがありません」または「このApple IDは、iTunes Storeで使用されたことがありません」というアラートが出る場合があります。

080_1_2.pngこの場合は、「レビュー」をクリックし、指示に従い進みます。「お支払い情報」にクレジットカード情報を入力する事で、使用可能になります。

080_5_2.png
ただし、何かしらの理由でクレジットカード情報を入力したくない場合には、入力後に改めてクレジットカード情報を削除させる方法があります。


1.iTunesの「Store」メニューから「サインイン」、もしくは右上部の「サインイン」をクリックし、Apple IDとパスワードを入力しサインインします。

080_6_2.png

2.「Store」メニューから「アカウント~を表示」を選択、もしくは右上部の「Apple ID名」をクリックし「アカウント情報」選択します。

080_7.png


3.Apple IDのパスワードを求められるので、入力し、「サインイン」クリックします。

080_2_2.png4.「アカウント情報」が表示されるので、「お支払い情報」の「編集」をクリックします。

080_8.png


5.「お支払い方法」から「なし」を選択し、「完了」クリックします。

079_5_2.png


↓既存のApple IDではなく新規作成する場合はこちらを参照して下さい。


参考「Apple ID の支払い情報を変更または削除する(Appleサポート)」

 

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top