Time Machineを設定する

Time Machine を利用すると指定した項目以外の書類やアプリケーション、システムを自動的にバックアップしてくれます。

Time Machine を利用するには、以下のようにします(OS 10.10の場合)。

1.バックアップディスクを準備・接続します。

USB/FireWire/Thunderboltなどで接続する外付ハードディスクやTime Capsule、AirMac Extreme (802.11ac) ベースステーションにUSB接続された外付ハードディスク、設定済みのOS X Serverが利用できます。

フォーマットは一般的にはMac OS 拡張(ジャーナリング)フォーマットにしておきます。



2.「システム環境設定」を開き、「Time Machine」をクリックします。

3.「入」/「切」のスイッチを、「入」にします。

 

※macOS 10.12以降はインターフェイスが変更され、「入」/「切」のスイッチはなくなりました。代わりに「バックアップを自動作成」のチェックを入れます。

 

 

4.初めて設定するときは「バックアップディスクを選択...」、すでに設定済みのときは「ディスクを選択...」か「バックアップディスクを追加/削除...」のいずれかをクリックします。

5.表示されたシートの「利用可能なディスク」欄からバックアップディスクを選択して「ディスクを使用」をクリックします。

034_2.png複数のバックアップディスクを使用することにした場合、バックアップディスクは交代で使用され、そのバックアップディスクにおける前回のバックアップからの差分がバックアップされます。

自動バックアップは1時間ごとに行われ、

  • 直近24時間:1時間ごと
  • 直近1ヶ月から24時間まで:1日ごと
  • それより過去のバックアップ:1週間ごと

が保存されるように整理されます。そしてバックアップディスクの容量が少なくなると、古いバックアップを順次削除していきます。

「オプション...」をクリックして、「バックアップ対象から除外する項目:」欄に「追加」("+"ボタン)した項目は、自動バックアップを行いません。なお外付けディスクは、デフォルトで「バックアップ対象から除外する項目:」欄に追加されます。つまり外付けディスクは自動バックアップされません。

034_3.pngまた「古いバックアップの削除後に通知」をオンにすると、古いバックアップを順次削除する際に、アラートが表示されます。

Time Machine のバックアップは恒久的に保存しない仕様なので、残しておきたいバックアップは他の方法を検討するようにしましょう。

初回のバックアップは長時間かかります。その間はシステム終了(一部機種はスリープも)しないようにしておくと効率的です。

なおバックアップディスクの内容を Finder で直に削除・移動・名称変更などはしてはいけません。


参照「Time Machine で Mac をバックアップまたは復元する方法(Appleサポート)」

 

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top