システム環境設定からiCloudを開くときに求められた確認コードの入力欄が見つかりません

システム環境設定からiCloudを開いた時等、AppleIDのパスワードを求められることがあります。この時AppleIDに2ファクタ認証が使用されていると、AppleIDのパスワードの他に確認コードの入力が必要となります。

 

 

 

 

しかし2ファクタ認証が開始される前に発表されたバージョンのOSは、仕様上確認コードを入力する欄が設けられておりません。その為AppleIDのパスワードを入力する際に確認コードも続けて入力する形で対応することになりますが、実際に確認コードを発行するとAppleIDのパスワードの入力欄も消えてしまい、結果として入力できない状況となります。

 

この場合もう一度AppleIDのパスワードの入力欄を表示させる必要がありますので、以下の手順をお試し下さい。

 

1.システム環境設定>iCloudの順に開き、AppleIDのパスワードを求められたら、一旦パスワードを入力して「サインイン」を押す。

 

 

2.「AppleID確認コードが必要です」と表示されたら「OK」を押して確認コードを発行する。

 

 

3.iPhone 等の他のデバイスに確認コードが届いたことを確認する。

 この時点で Mac の iCloud のウィンドウに入力欄が見つからなければ、iCloud のウィンドウを閉じ、手順4に進む。

 

 

4.改めて 1 の手順で iCloud のウィンドウを開く。

 

5.最初と同様にパスワードの入力を求められたら、AppleIDのパスワードを入力する。この時AppleIDのパスワードに続けて、3で確認した確認コードも入力して「サインイン」ボタンを押す。

 


6.サインインが完了すれば終了です。

 

関連「Apple ID のパスワードを変更した後、何かすることはありますか?


参考「確認コードを入手して 2 ファクタ認証でサインインする(Appleサポート)」
参考「Apple ID の 2 ファクタ認証(Appleサポート)」

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top