システム環境設定「ネットワーク」が「自己割り当て IP」となり、インターネットやプリント出力が行えません

Mac に Ethernet ケーブルを接続している、もしくは Wi-Fi ネットワークに接続しているにも関わらず、インターネット接続や事務所のプリンタへの出力が行えず、またシステム環境設定「ネットワーク」で使用しているネットワークポートを見ると、黄ランプが点灯すると共に「自己割り当て IP アドレスが設定されている」と表示されているときがあります。

 

このようなときには、以下の順番でお試しください。

 

ヒント : 「自己割り当て IP アドレスが設定されている」とされたとき、同じネットワークに接続する他のデバイスでは問題ないことがあります。

 


 

 

1.ブロードバンドルータ(DHCPサーバ)に不具合が起きていないか確認してください。

本体電源が正しく入っているか、また各ランプの点灯・点滅状況で正常動作をしているのかをまず確認します。

外観が普段と変わらないようであれば、一度電源を切って、しばらくした後で再び電源を入れてみます。

 


2.Ethernet ケーブルでネットワークに接続しているときは、他の Mac に接続して使用できている Ethernet ケーブル/アダプタを問題の Mac に接続して、不具合が再現するかを確認します。

不具合が再現しない場合には、もともと使用していた Ethernet ケーブル/アダプタの不具合か、その先の社内ネットワークの不具合と判断されます。システム管理者様にもご相談ください。

 


3.「ネットワーク」システム環境設定で問題のネットワークポートを選択し、「詳細...」ボタンをクリックします。

表示されたシートの「TCP/IP」タブにある「DHCPリースを更新」ボタンをクリックしてみてください。

60877-2.png

 

 

4.「セキュリティとプライバシー」システム環境設定で「ファイアウォール」タブを開き、ファイアウォールが"入"だったときには、不具合が解消するまでファイアウォールを一時的に"切"にしてください。

61643-1.png

 

 

5.「ネットワーク」システム環境設定で問題のネットワークポートを一度「無効」にし、その後で改めて「有効」に戻します。その上で不具合が再現するかを確認します。

 

ネットワークポートのリストの下方にある歯車アイコンから、この操作を行います。

54670-2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top