キーチェーンとは何ですか?

Macを使用していると、メールの受信や特定のwebサイトへの接続、ファイルサーバに接続するときなどにパスワードの入力を行うことが多々あります。

このときにパスワードを保存するオプションが表示されていれば、パスワードを保存しておくと以降同じ操作をする毎に繰り返しパスワードを入力しなくても済むようにできます。

保存したパスワードは「ログインキーチェーン」に保存されていきます。「ログインキーチェーン」はユーザアカウントのパスワードで保護され、Macにログインしたときにロック解除されます。その後Macがユーザに代わって、適宜パスワードなどを入力する仕組みです。SSL接続を行う際の証明書なども保存されます。

ただし前述の通り「ログインキーチェーン」はユーザアカウントのパスワードで保護されますので、ユーザアカウントのパスワードリセットを行うと、ロック解除ができなくなります。自ずと新しいキーチェーンの作成が必要になります。

これら保存されたパスワードは「ユーティリティ」フォルダにある「キーチェーンアクセス」で管理することができます。しかし通常このアプリケーションを操作することはないでしょう。



参考「キーチェーンアクセス: キーチェーン(Appleサポート)」

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

システム環境(Finder・OS)」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top