Mac で利用していた USBメモリ や 外付けHDD のデータをゴミ箱に入れても空き容量が増えません

Windows と違い、macOS で接続した USBメモリ や 外付けHDD は、データをゴミ箱に入れただけでは空き容量は増えません。削除したデータが Mac 内のゴミ箱に残っているためです。

 

このような場合、該当の USBメモリ や 外付けHDD を Mac に接続している状態で、Mac の「ゴミ箱を空にする」を実行すると接続機器の空き容量を増やすことができます。

 

※ゴミ箱を空にすると、ゴミ箱内にあるデータが全て削除されます。あらかじめ必要なデータが紛れていないかをご確認の上「ゴミ箱を空にする」を実行してください。

 

ゴミ箱を空にしても容量が増えない場合、該当 USBメモリ などを別の Mac に接続してゴミ箱に入れた書類があるため、データが完全に削除されていないことが考えられます。接続したことのある Mac が他にないか確認が必要です。

 

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

システム環境(Finder・OS)」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top