【Mac】AirDrop を利用してデータのやり取りを行いたい

AirDrop を使うと、近くにいる Mac や iOS 機などの Apple 製デバイス間で画像やビデオ・連絡先・位置情報など無線で共有することができます。

 

AirDrop の使い方】

1.Wi-FiBluetooth をオンにする

Mac で AirDrop を使用するには送信側、受信側どちらのデバイスも Wi-Fi と Bluetooth がオンになっている必要があります。

システム環境設定内の「ネットワーク」「Bluetoothや、メニューバーの「Wi-Fi マーク」「Bluetooth マーク」を確認してください。

 

2.AirDrop を使う

以下の2通りの方法があります。

 

方法1 Finder上部のメニューバー「移動」AirDropをクリック

 

方法2 Finder ウインドウのサイドバーのAirDropをクリック

 

 

この操作で AirDrop ウインドウが開き、通信可能なデバイスのアイコンが画面に表示されますので、任意のデバイス(アイコン)に受け渡したい書類をドラッグ&ドロップします。

 

https://www.too.com/support/faq/img/2370/2115_1.png?t=raw

 

受け取る側が承認すればデータの送付が完了です。

 

※相手や自分のデバイスが検出されないという場合はこちらを参照ください。

『AirDrop で共有先に自分の Mac が検出されません』

 

参考「AirDrop を使って Mac からコンテンツを送信する(Apple サポート)

 

関連「【iPhone/iPad】AirDrop を利用してデータのやり取りを行いたい

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

システム環境(Finder・OS)」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top