macOS 10.14 Mojave で使用の Apple USB SuperDrive にディスクが入らず、使うことができません。

macOS 10.14 Mojave の環境下で Apple USB SuperDrive が正常に使用できない現象が散発しております。

 

以下のような症状が発生します。

  • Apple USB SuperDrive にディスクを挿入しても、ディスクが本体に入っていかずに使用できない。
  • Apple USB SuperDrive 本体を Mac に直接接続しているのに「USBアクセサリに電力が必要です」などという電力不足のメッセージが表示され、「1.」のようなディスクが挿入できない状態になって使うことができない。
  • 症状が発生する Apple USB SuperDrive を macOS High Sierra 10.13以下のシステムの Mac に接続すれば正常に動作する。

この症状は macOS 10.14 Mojave での動作条件を満たしている Apple USB SuperDrive であっても、接続している Mac のシステムが macOS 10.14 Mojave の場合に発生することが確認されています。

macOS 10.14 Mojave 上でも正常動作する Apple USB SuperDrive もあります。必ず発生するトラブルではありません。

 

残念ながら2019年1月25日現在、このトラブルに対する解決方法はございません。

本トラブルに関する Apple より公表された技術文書はございませんが、Apple ではこの現象を確認しており、次期アップデートで改善される可能性があります。アップデートでの解決をお待ちください。

 

トラブルの発生には個体差があるため、これ以外の原因で同様のトラブルが発生している可能性もございます。

文末に記載いたします参考文書、関連文書のリンク先をご参考になさって対処をお試しください。それでも症状が解決できない場合は故障の可能性がございますので修理をご検討くださいませ。

 

 

参考「Mac コンピュータのスロットローディング式 SuperDrive に関するサポート情報(Apple サポート)」

 

関連「macOS 10.14 Mojave で、空の CD/DVD メディアをセットしてもデスクトップにマウントしません。

関連「光学式ドライブに CD/DVD ディスクを挿入すると、すぐにディスクが排出されます

関連「CD / DVD ディスクを挿入しても途中で引っかかったようになって入らない

 

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

ハードウェア」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top