特定の MacBook、MacBook Pro、MacBook Air の一部で、文字が勝手に反復入力したりキーボードの不具合が出る

下記の MacBook、MacBook Pro、MacBook Air の一部のキーボードで、以下の症状が発生する場合があります。

 

※2019年7月に対象モデルが追加されました。

 

<対象モデル>

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)(2019年7月追加
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)(2019年7月追加
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2019)

 

<症状>

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない


これらの症状が発生している対象モデルをご利用の場合は下記のリンク先をご覧ください。症状が発生していない端末は修理の必要はございません。

参考「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム(Appleサポート)」

 

なお、修理前に実機検査を行い、お客様の端末が本プログラムの適用対象かどうかを判断させていただきますので、あらかじめご了承ください。

 

弊社にて検証や修理が可能ですので、こちらからお問い合わせをお願いいたします( Too Apple 製品修理)。


「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

ハードウェア」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top