写真のカラーモードを CMYK モードにすると、画質が劣化しますか?

RGB カラーと CMYK カラーを比較したとき、それぞれの色空間には差があるため、それぞれの色空間でしか再現できないカラーが存在します。

この結果として Photoshop などのアプリケーションを使用してカラーモードの変換を行うと、変換先の色空間に存在しないカラーは近似色とされるため、写真のオリジナルのカラーを忠実には再現できません。

 

一般論として CMYK カラーの方が色空間が狭く、くすんだような色合いになります。

 

参考「Creative Suite / カラーマネジメントの解説(Adobeサポート)」

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Macの初歩」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top