メール等の着信通知が表示されません

アプリケーションの設定で通知する設定をしているにも関わらず通知されない場合、通知センターにあるおやすみモードが「入」になっていることが考えられます。

通知センターには、今日の予定や、アプリケーションが通知した情報のうちまだ未処理のものが表示されます。これらは随時更新されますが、通知を一時的に停止したい場合に使用するのがおやすみモードです。

 

おやすみモードは通常は設定が「切」になっており、この状態では通知されますが、この設定を「入」にするとデスクトップや通知センターに表示されるバナーや通知パネル、通知音が停止されます。再度「切」にすることで通知は再開されます。

 

おやすみモードを設定する為には通知センターを開きます。通知センターの開き方としては2つあります。

メニューバー右上の通知アイコンをクリックするか、システム環境設定の通知を開き、左側に表示される通知項目からおやすみモードを選択し右側に表示された通知センターの画像をクリックして下さい。

通知を停止したい場合はおやすみモードを「入」にします。

この時おやすみモードのスイッチの色は青くなります。

 

 

通知を再開したい場合はおやすみモードを「切」にします。

この時、おやすみモードのスイッチの色はグレーになります。

 

 

 

システム環境設定の通知からおやすみモードについて次の設定も可能です。

 

おやすみモードを入にする設定:

・おやすみモードを指定した時間内に入にする

・ディスプレイがスリープ中は入にする

・テレビ/プロジェクタにミラーリング中は入にする

このチェックを入れた条件の状態になった場合に「入」にすることが可能になります。

 

おやすみモードが入になっているときに:

こちらのチェックを入れた条件の状態になった場合に、おやすみモードが「入」になっていても着信通知を行う設定を行えます。

 


参考「macOS Sierra: 「通知」システム環境設定(Appleサポート)」

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

 

 

 

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Macの初歩」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top