Office for Mac が「問題が発生したため~を終了しました」エラーで起動できない

2019年3月11日よりこの症状が複数のユーザーで発生しています。

 

(2019年3月20日更新)

※マイクロソフトからの情報です。

「現時点で現象が継続している場合は、以下に記載した再構築ではなく、Office for Mac の 更新(16.16.8)をお試しください。」

 


※以下は、今回の不具合発生直後の古い情報となります。ご注意ください。

 

根本的な原因は不明ですが、Office の再構築を行う事で一時的に改善できる可能性があります。

 

1.Finder の「移動」メニューをクリックして option キーを押します。そうすると「ライブラリ」が表示されるのでクリックします。

https://www.too.com/support/faq/img/1941/486_3.png?t=raw

 

2.通常は不可視の「ライブラリ」フォルダが開きます。その中の「Group Containers」内の「UBF8T346G9」で始まる3つ~4つのフォルダをデスクトップへ移動します。

https://www.too.com/support/faq/img/1940/486_2.png?t=raw

 

3.Office for Mac を起動させると新しい「UBF8T346G9」で始まるフォルダが作成されます。

 

4.Outlook を使用している場合はメールデータを戻す必要があるので、Outlook を終了させてから、移動させた「UBF8T346G9.Office」フォルダ内の「Outlook」フォルダを、新しく作られた「UBF8T346G9.Office」フォルダ内に戻します。

 

作業は以上です。ただし改めてライセンス認証が必要になったり、Macの再起動などを行うと症状が再発する場合もあるようです。

この件に関しては、新しい情報が入り次第更新する予定です。

 

詳細については以下のリンク先もご参照願います。

参考「Office 2016 for Mac の設定ファイルを再構築する方法(マイクロソフト)」

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Microsoftアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top