Too
いまのクリエイティブの現場がその向こう側に見ているものってなんだろう?
その答えをすこしだけ見せていただけないだろうか。
経営者の方も、現場の方も、これからこの業界に入りたいと思う学生さんも、
ぜひこれからのヒントを探しにお越しください。
セミナーに申し込む
事前登録制・無料

「design surf seminar 2018」は
京都大学主催の「ARTS ECONOMICS KYOTO 2018」との
コラボレーションイベントとして開催。
あわせてお楽しみください。

ARTS ECONOMICS KYOTO 2018セミナーの受講は
別途お申し込み(有料)が必要です。

[ design surf seminar 2018 Kyoto] セッション

Session 1Session 1

15:00 -
クリエイティブの際をめぐる冒険
テクノロジーを活かしたインスタレーションや空間演出を得意としながらも、セリフが全て関西弁の漫画を作るなど、手法に囚われずにクリエイティブを生み出してきたdot by dotと、紙、WEB等のメディア媒体だけに止まらず、企画、プロデュース、スペース運営まで、あらゆる「もの・こと」を編集してきた新時代編集プロダクション、東京ピストル。そんな新鋭奇抜なモノづくりをしている2社は、これまでどのようにしてクライアントからの要望に対し、課題解決してきたのか? 企画を机上の空論にとどめるのではなく、様々な手段を用いて、世の中に出し続けることの重要性についてお話します。

Session 2Session 2

16:15 -
世界やビジネスとつながるARTの未来
TBS入社後「赤坂BLITZ」「赤坂サカス」を企画立案、プロデュースを行い、現在、日本最大級の国際アート見本市「アートフェア東京」のエグゼクティブ・プロデューサーを務める來住尚彦氏をモデレーターに迎え、京都が誇る伝統工芸の両雄と語っていただきます。
千年の歴史と伝統を誇る京都・西陣「渡文」から渡辺博司氏、「工芸染匠作品展覧会」経済産業大臣賞受賞をはじめ数々の賞を受賞する手描き京友禅「吉川染匠」から吉川博也氏が登壇します。
渡辺氏、吉川氏、來住氏はこれまでメゾン・エ・オブジェ・パリやフランスのJAPAN EXPOに出品するなど、日本の伝統工芸品を世界へ向けて紹介し、ビジネスへ展開されてきました。 京都伝統工芸の世界で活躍されている西陣織の渡辺氏、京友禅の吉川氏とともに、アートx伝統xビジネスから見える未来、そしてアートをハブとした世界やエコノミクスについてお話いただきます。

イベント概要

イベント名

design surf seminar 2018 Kyoto

開催内容

セミナー

主催

株式会社Too

日時

2018年12月6日(木)15:00〜17:30(開場・受付開始 14:30〜)

参加料金

無料

会場

  • 記載の製品名および会社名は、一般に各社の商標または登録商標です。
  • セミナーは無料でご参加いただけます。
  • セミナー時間、タイトル、講師等、記載の内容は変更になる場合がございます。
  • セミナーは事前お申し込み制です。