PDFでビジネス文書業務を効率化 | 特集 | 株式会社Too
株式会社Too

PDFを文書業務プロセスの中心に

PDFフォーマットはセキュリティ機能も含む「万能の情報コンテナ」

  • 互換性がアップ!

    プラットフォームの違いや、アプリケーションのバージョンの違いなど、ファイルが開けない、レイアウトが崩れる、さらに重要な情報が表示されないといったトラブルを防ぎます。
    複数のファイルをまとめることができるなど、ファイル転送サービスとの相性も抜群です。

  • 利便性がアップ!

    クラウドサービスとの連携により実現するノマドワーキング化など、働き方の変革・業務の効率化をはかれます。さらに電子署名機能によって、承認プロセスのスピード化を図り、機会損失を防ぎます。

  • 安全性がアップ!

    ビジネスにおいて情報漏えいは、会社の存続にも関わる一大事。インターネットを通してやり取りされることも多いビジネス文書をPDFにして堅牢なセキュリティを施しましょう。

ビジネスでのPDFの活用法を動画で解説!

ビジネスでのPDF活用、Adobe Acrobat DCで実現できます!

見る(閲覧)

どこからでも目的のPDF文書にアクセス!

セキュアに保護されたクラウドにPDF文書を保管。書類を閲覧するのに場所と時間は関係ありません。

  • PDFを見るためのアプリはMac・Win・iOS・Androidなど、マルチデバイス向けに用意されています。
  • 一度開いたデータは自動で同期がかかる「Mobile Link」機能でどこからでも確認可能です。

動画を再生

作る(変換)

PDF作成がこんなに楽で、便利に!

図面や仕様書、企画書など、バラバラのデータを1つのPDF文書に結合。紙の書類をモバイル端末のカメラで取り込んで、簡単にPDF変換。修正や再編集も簡単です。

  • 「PDFポートフォリオ」機能を使えば簡単に様々な種類のファイルをメールに添付して送ることができます。読んでもらう順番もコントロールできます。
  • 画像に写った文字情報など、精度が上がった「テキスト認識」機能を使えば検索可能な情報に変換できます。

守る(保護)

PDF文書のセキュリティ機能で安全な文書業務を。

PDFの「保護機能」の操作を標準化。セキュリティポリシーを社内で統一。スマートな電子署名機能を実装。セキュアで効率的な文書業務ワークフローを実現。

  • PDFでセキュリティ設定が人によってバラバラだったりしませんか?「アクションウィザード」機能を使えば、簡単に自動化し、しかも設定を共有することができます。
  • 今まで出力して回覧していたような業務ワークフローを、「電子署名」を使って効率良く運用していただくことが可能です。

ご注意ください

Adobe Acrobat Xのサポートは終了しています。

Acrobatを所有している場合、バージョンをご確認ください。旧バージョンであるAcrobat Xはすでにメーカーのサポートが終了しています。セキュリティに問題が見つかっても修正はされませんので、最新版にすることを強くお勧めします。

最新版:Adobe Acrobat DCの導入をお勧めします。

Acrobat DCの概要図

Acrobat DCは、さまざまな文書業務を支援する強力なツールを備えているだけでなく、それらを時間や場所にとらわれずスムーズに実行できる環境を提供します。刷新されたユーザーインターフェイスや新しいDocument Cloudサービスとの連携により、Acrobatのパワーをデスクトップからモバイルにまで拡張。いつでも、どこでも、どのデバイスからでも、一貫した操作でドキュメントを思いのままに作成、編集、共有することができます。
強固なセキュリティにより、電子署名や、重要文書などのやりとりなどが安全に行え、情報漏洩を防ぎます。

page top