Mac と iOS デバイスで連係カメラを使用する(macOS 10.14 新機能)。


iPhone などの iOS デバイスのカメラで撮影したものを、すぐに Mac に表示させる連係カメラという機能があります。Finder や、メール、メッセージなどで使用可能です。

条件は以下の通りです。

  • Mac と iOS デバイスの両方で Bluetooth と Wi-Fi がオンになっている。
  • Mac と iOS デバイスで、2 ファクタ認証が有効になっている同一の Apple ID で iCloud にサインインしている。
  • Mac で macOS Mojave を使い、iOS デバイスで iOS 12 を使っている。

以下は Finder 上で連係カメラを使用する手順となります。

1.デスクトップなど任意の場所でマウスを右クリック(あるいは control キーを押しながらクリック)し、「iPhone(または iPad)から読み込む」の「写真を撮る」を選択します。

554_1.png

2.デスクトップ上に「~の iPhone(または iPad)で写真を撮る」というダイアログが表示されます。

554_2.png

3.iOS デバイスのカメラが起動するので写真を撮ります。

4.iOS デバイスの画面右下の「写真を使用」をタップすると、Mac のデスクトップに撮った写真が表示されます。

555_5_2.png


参考「Mac で連係カメラを使う(Apple サポート)」



「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top