Illustrator起動時に「診断を実行」ボタンが表示される(CC2015新機能)

IllustratorCC2015が予期せず終了してから、再度Illustratorを起動する際に「Adobe Illustratorは起動する前に予期せず終了しました。エラーを診断するには、「診断を実行」をクリックしてください」というアラートが出て、「診断を実行」ボタンが表示される場合があります。

「診断を実行」をクリックすることで、Illustratorは再起動します。状況によっては複数回再起動は繰り返され、最終的にIllustratorは「セーフブート」として起動します。「セーフブートダイアログ」が表示され、不具合の原因であるプラグインやフォント、ドライバーの情報が表示されます。「トラブルシュートのヒント」を参照し、不具合原因を取り除きます。


Windowsの場合は、Illustratorを再起動します。


詳細は下記のリンク先をご確認下さい。


参考「Illustrator ヘルプ / セーフモード


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top