2016年6月にアップデートされた Creative Cloud の新機能や不具合状況について

2016年6月20日に Creative Cloud の大幅なアップデートが行われました。

このうち DTP によく用いられる Illustrator、Photoshop、InDesign は以下の通りアップデートされています。



<Illustrator>
「CC 2015」→「CC 2015.3」へアップデートされ、これに伴いアプリケーションが名称変更されました。

Illustrator CC 2015 とは別アプリケーションとして提供されています。


<Photoshop>
「CC 2015」→「CC 2015.5」へアップデートされ、これに伴いアプリケーションが名称変更されました。

Photoshop CC 2015 とは別アプリケーションとして提供されています。


<InDesign>
「CC 2015」→「CC 2015.4」へアップデートされました。ただしアプリケーションの名称は「InDesign CC 2015」のままとなります。




それぞれの新機能については、以下のリンクをご参照ください。


また今回のアップデートに関する不具合状況についてはこちらを参照願います。



弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top