Photoshop でバリアブルフォントを使用するにはどうすればいいですか?


Photoshop では CC 2018 以降でバリアブルフォントが使用可能になりました。

関連「【用語解説】バリアブルフォントとは

1.「文字」パネルのフォント名の右にある下向き矢印をクリックしフォントリストを表示します。リストの中に、フォント名の右側に「VAR」マークがついたフォントがあります。これらがバリアブルフォントになります。

583_1.png

2. 今回は「Acumin Variable Concept」を選択し、英数文字のテキストを入力しました。

583_2.png

3. バリアブルフォントの調整を行うには「属性」パネルを開きます。フォント名の下にある項目の右にある下向き矢印をクリックすると、プリセットのリストが表示されます。ここからプリセットを選択したり、下にある「太さ」「字幅」「傾斜角」を自由に設定します。

583_3.png

※バリアブルフォントを使用した書類は、CC 2017 などの非対応のバージョンで開いた場合、「フォントがありません」と表示されます。

参考「Photoshop OpenType 可変フォント(Adobe サポート)」

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Adobeアプリケーション」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top