ラスタライズ後のオブジェクトの曲線部分がひどくジャギーになっている(Illustrator ラスタライズ設定内のアンチエイリアス)

Illustratorデータ上に作成したオブジェクトをラスタライズすると、曲線部分のガタガタ(ジャギー)が目立つ場合は以下の設定をご確認ください。

ジャギーが目立つオブジェクトを選択し、アピアランスパネルを確認すると「ラスタライズ」という項目が入っていますので、その「ラスタライズ」をダブルクリックします。「ラスタライズ」というウインドウが開いてきますので、その中にある「アンチエイリアス」の項目が「なし」になっているので、これを変更します。

※アピアランスパネルは ウインドウ / アピアランス にチェックを入れると開きます。

16955-1.jpeg

「なし」から「アートに最適(スーパーサンプリング)」か「文字に最適(ヒント)」かのどちらかを選択します。

画面ショット上のオブジェクトは円なので「アートに最適(スーパーサンプリング)」を選択しました。文字の場合は「文字に最適(ヒント)」を選びました。弧の部分のジャギーが目立たなくなっています。

16955-2.jpeg

【Windows】
Windowsの場合も同様の操作を行うことで、ジャギーを目立たなくすることができます。

16955-3.jpeg



弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Illustrator」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top