Dropbox Business の同じチームではないユーザーとファイルを共有したいのですが、容量の制限はありますか?

Dropbox Business の同じチームではないユーザーとファイルを共有するとき、相手方の空き容量で制限されます。

 

共有する相手のユーザーが同じチームのメンバーでは無い場合、共有用の領域として自身と相手の双方で、 Dropbox で個人に割り当てられた容量を使います。そのため相手のユーザーの空き容量が少ない場合は、空き容量を超えたファイルは保存できないため、そこが制限ということになります。
ヒント 同じチームのメンバー同士であれば、共有の際に個人用の容量ではなく、Dropbox で チームに割り当てられた共有用の容量を使います。

容量制限に引っかかった場合は、共有するファイルの容量を減らすか、容量制限が影響しない共有リンクを使用することが必要です。なお、Dropbox Plus または Dropbox Professional にアップグレードすることも方法です。
ヒント 個人向けプランの Dropbox Basic プランでは容量が 2GB ですが、 Dropbox Plus または Dropbox Professional では容量が 1TB に拡張されます。空き容量もその分多くなることから、実質的に制限はかかりにくくなります。

 

関連「Dropbox のアカウントを持たない人とデータの共有はできますか?

参考「共有フォルダは自分のストレージ容量に加算されますか?(Dropboxヘルプセンター)」

 

「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Dropbox」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top