macOS のフォントの保存場所はどこですか?

macOS では主に次の3箇所にフォントデータが保存されています。

フォントが保存されている場所によって、それぞれ特性がありますので下記に解説します。

 

1.システムフォント

file_image

【保存場所と特性】/System/Library/Fonts に保存されるのがシステムフォントです。主にオペレーティングシステムに使用されるフォントが保存されています。

【Tips】この場所にはシステムフォントが保存されています。ユーザが後から追加するフォントと区別をするために、この場所にはフォント追加するべきではありません。

【フォントの適用範囲】すべてのユーザ

 

2.ライブラリフォント

file_image

【保存場所と特性】/Library/Fonts に保存されるのがライブラリフォントです。MORISAWA PASSPORT や FONTWORKS といったサードパーティ製フォントをデフォルト設定でインストールするとこの場所に追加されます。また Microsoft Office や Adobe 製品をインストールした時もアプリケーションで使用されるフォントがこの場所に保存されます。

【Tips】macOS の標準フォントとサードパーティ製フォントを区別するには、サードパーティ製フォントをインストールする前に macOS の標準フォントにタグで色をつけておきます。サードパーティ製フォントのインストール後は、タグなしのフォントデータがサードパーティ製フォントとなります。あとでサードパーティ製フォントを取り出す場合に便利です。

【フォントの適用範囲】すべてのユーザ

 

3.ユーザフォント

file_image

【保存場所と特性】/Users/ユーザ名/Library/Fonts に保存されるのがユーザフォントです。デフォルトでは0項目となっています。ログインしているユーザのみが使用できるフォントデータとなります。※MacOS X 10.7以降 /Users/ユーザ名/Library/ は非表示となっています。この場所にアクセスするには Finder で Option キーを押しながら移動メニューをクリックしライブラリを選択します。

【Tips】Fonts 以外に保存されたフォントデータをダブルクリックすると Font Book.app が起動します。インストールボタンを押すと元のフォントデータは、そのままで/Users/ユーザ名/Library/Fonts にフォントがインストールされて使用できるようになります。

file_image

file_image

※Font Book.app でインストールされるフォントデータの保存場所について

デフォルト設定では /Users/ユーザ名/Library/Fonts ですが、Font Book メニュー > 環境設定で保存場所を /Library/Fonts に変更することもできます。

file_image

【フォントの適用範囲】/Users/ユーザ名/ のユーザのみ

【例外とご注意】

Adobe Creative Cloud で提供されている Adobe Fonts(旧 Typekit)やSuitcase Fusion などのフォント管理ソフトを利用している場合、フォントの保存場所は上記の限りではありません。

数多くのフォントデータをインストールするとアプリケーションの起動時間が長くなったり、アプリケーションが起動しなくなることがあります。適度な数のフォントをインストールして使用してください。

 

関連「Macにはいくつまでフォントをインストールできますか?

 


「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

フォント」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top