Outlook を起動すると 「問題が起きたため Microsoft Outlook を開けません。管理者に”Microsoft Outlook”がこのバージョンの mac OS で動作することを確認してください」 というメッセージが表示されて、Outlook が起動できません。

Outlook を起動すると、 以下のようなメッセージが表示されて、Outlook が起動できません。

000003170A.png

mac OS 10.14.x で使用している Outlook が、アップデートにより Ver.16.52 になると発生します。
この問題はVer.16.51に戻すことで解消しますので、下記の手順をお試しください。

【対処手順】
1. Macintosh HD/アプリケーション/Microsoft Outlook をゴミ箱に移動します。
(移動時に Mac の管理者パスワードを求められたら入力します。)
000003170B_1.png

2. 以下の URL にアクセスします。

▼ Office for Mac の更新履歴
https://docs.microsoft.com/ja-jp/officeupdates/update-history-office-for-mac

このページ内の「Office for Mac のリリース履歴」にある
『リリース日:2021年7月13日 バージョン:16.51 (21071101)』欄の
『Outlook』をクリックすると、インストーラーがダウンロードされますので、
インストールを実行します。
000003170C_1.png

3. Ver. 16.51のインストールが完了したら、Outlook が正常に起動できるか確認します。

4.正常起動を確認したら、メニューバーの「ヘルプ」から「更新プログラムのチェック…」を選びます。
000003170D-1.png

「Microsoft AutoUpdate」ウインドウの「Microsoft のアプリを自動で常に最新の状態にする」のチェックがオンであればオフに変更します。
問題の起きないバージョンのアップデーターがリリースされるまでは、自動でアップデートがされないようにお願いします。
000003170E_1.png

5.ゴミ箱に移動しておいた起動できなかったOutlookは削除します。

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

インターネット」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top